Gaspar van Wittel

/Tag:Gaspar van Wittel

コロンナ家とヴァンヴィテッリ。ヴァンヴィテッリの間に展示されている39枚の絵画作品を写真入りで解説した新版

コロンナ家とヴァンヴィテッリ。 ヴァンヴィテッリの間に展示されている39枚の絵画作品を写真入りで解説した新版 ヴァンヴィテッリと呼ばれていたガスパル・ヴァン・ヴィッテル(1653-1736)の39枚の絵画は、歴代コロンナ公の信託遺贈コレクションの重要な一部です。 作品はローマのコロンナ宮殿内イザベッレ王女の居住区にある、その名もヴァンヴィテッリの間に展示されています。 ヴァンヴィテッリにとってコロンナ家は主要な後援者で、彼は1674年頃ローマへやって来ると当家三代の為に創作活動に励みました。ロレンツォ・オノフリオ・コロンナから始まりその息子フィリッポ、そしてさらにその息子のファブリツィオの為に最後のキャンバス画『アウグスト橋と街(1732)』を仕上げるまで、かの画家は絵を描き続けました。

Lo splendore di Venezia. Canaletto, Bellotto, Guardi e i vedutisti dell’Ottocento

Lo splendore di Venezia Canaletto, Bellotto, Guardi

Two masterpieces of Baroque Art at the Colonna Palace (Rome) and at the Borromeo Palace (Isola Bella)

Exhibition “The Enchanted Islands. The Grand Tour and View