novaict

/Nova ICT
займ на карту

About Nova ICT

This author has not yet filled in any details.
So far Nova ICT has created 522 blog entries.

“La notte” di Michele di Ridolfo del Ghirlandaio In prestito alla mostra “Il Cinquecento a Firenze”. Firenze, Palazzo Strozzi dal 21 settembre 2017 al 21 gennaio 2018

24 11月 2017|

"La notte" di Michele di Ridolfo del Ghirlandaio In

Luxury Rome: un gioiello imperdibile

21 9月 2017|

Un gioiello imperdibile Luxury Rome Tra

『ハリカルナッソス(古代ギリシャ都市)の霊廟の建築プランを証査する女王アルテミジア』の大きなつづれ織りが修復から戻ってまいりました。

30 7月 2017|

『ハリカルナッソス(古代ギリシャ都市)の霊廟の建築プランを証査する女王アルテミジア』の大きなつづれ織り[17世紀後半、ローマ]が、ベルギーのメヘレンにある王立デ・ウィット・タペストリー工房での修復を終え、新たに【つづれ織りの間】にて展示を開始いたしました。

Diners Club Magazine: Gioielli nel verde

20 7月 2017|

Gioielli nel verde Diners Club Magazine

Point de vue: a Palazzo Colonna lo splendore di Roma

10 5月 2017|

A Palazzo Colonna lo splendore di

小堂:据认系朱利亚诺-达-桑加罗制作的十字架移至祭坛中心亮相,令人耳目一新

8 5月 2017|

礼拝堂: ジュリアーノ・ダ・サンガッロ作と考えられるキリストの磔刑、 中央祭壇の上方に新に展示  

ヴァンヴィテッリの間:ヴァンヴィテッリの絵画作品を最新のLEDライト照明にて

15 4月 2017|

ヴァンヴィテッリの間: ヴァンヴィテッリの絵画作品を最新のLEDライト照明にて  

コロンナ家とヴァンヴィテッリ。ヴァンヴィテッリの間に展示されている39枚の絵画作品を写真入りで解説した新版

15 4月 2017|

コロンナ家とヴァンヴィテッリ。 ヴァンヴィテッリの間に展示されている39枚の絵画作品を写真入りで解説した新版 ヴァンヴィテッリと呼ばれていたガスパル・ヴァン・ヴィッテル(1653-1736)の39枚の絵画は、歴代コロンナ公の信託遺贈コレクションの重要な一部です。 作品はローマのコロンナ宮殿内イザベッレ王女の居住区にある、その名もヴァンヴィテッリの間に展示されています。 ヴァンヴィテッリにとってコロンナ家は主要な後援者で、彼は1674年頃ローマへやって来ると当家三代の為に創作活動に励みました。ロレンツォ・オノフリオ・コロンナから始まりその息子フィリッポ、そしてさらにその息子のファブリツィオの為に最後のキャンバス画『アウグスト橋と街(1732)』を仕上げるまで、かの画家は絵を描き続けました。

ローマ版『コッリエーレ・デッロ・スポーツ紙』:街角に隠れた宝石

31 8月 2016|

街角に隠れた宝石 ローマ版『コッリエーレ・デッロ・スポーツ紙』、2016年8月31日 ローマはいつでも私たちを驚かせてくれる街です。それは小さな広場や細い路地、そして幾度も前を通り過ぎているのに忙しさにかまけたりして入った事も無いような小さな教会においてでも。もちろん市の中心地ヴェネツィア広場近くのある建物のサロン、すなわちコロンナ宮殿の各広間でも、そこを訪れる人々はローマ・バロックの偉大なる遺品の数々に驚愕させられることでしょう。事実コロンナ・ギャラリーの各サロンは14世紀から18世紀までの絵画や彫刻、そして家具や調度品に溢れ、その際立った見事なコレクションには思わず目を見張らされてしまいます。

『レプッブリカ紙』の付録誌『ヴェネルディ』: 美しく高貴なアイディア

28 8月 2016|

 美しく高貴なアイディア: 時として芸術も解説されるに相応しい トマソ・モンタナーリ記、『レプッブリカ紙』の付録誌『ヴェネルディ』、 2016年7月26日付 ローマにおける一大芸術コレクションとも言えるコロンナ・ギャラリーは、私達の審美眼に対して一つの歴史を築いてまいりました。その新絵画カタログ(パトリツィア・ピエルジョヴァンニ監修、デ・ルカ社、304ページ)の発行は実に喜ばしい事かと思われます。それは(よくある短期間の展覧会用の不出来なカタログや、ともすると大辞典のような分厚いものでは無く)見学の際にも携行できるような、そんなちょうど良いサイズとなっているのです。しかし同時に専門家による文章も厳密で、(例えば興味深いローマのバロックを代表するピエトロ・ダ・コルトーナの若き日の希少かつ未発表の作品を紹介するなど)斬新な提案にも事欠いておりません。